黒染めした後にもう1度明るくしたい場合は、

いったんその黒い色素(染料)を取り除く必要があります。

(これは、白髪染めで暗くなってしまった場合も同じです。)

 

具体的にはブリーチ』をする必要があります。

染料を取り除くことを『除染』、もしくは『脱染』といいますが、

ブリーチして、いったん黒い染料を取り除いてからでないと、明るくなりません。

 

そのままカラーしてもダメなんですね。

明るいカラーを黒染め後の髪にしたとしても、黒染めの方が勝ってしまって、

黒っぽいままで変化なしです。

カラーリングのダメージで、髪が傷むだけになります。

 

よく使用されている一般的なヘアカラーをアルカリカラーと呼びますが、

このアルカリカラーでは、『染料』を分解する力がありません

ですが、もともと髪に備わってる『色素』を分解する力はあります

 

少しややこしいですが、

黒染めをしていない髪を明るくするには、このアルカリカラーでOKです。

なぜなら、黒髪にあるのは『色素』であって、『染料』ではないからです。

『染料』を取り除く場合は、アルカリカラーではなく、ブリーチが必要になります。